Loading

wait a moment

脂肪吸引とは大きく異なる!!入院もしなくていいよ!!

メスを使わず脂肪を減らせる

ダイエットをするには、食事のコントロールや運動などをしなくてはいけません。かなり太っている人が標準体重まで痩せようとすると相当努力しなければならず、挫折してしまう人もいるようです。クリニックにおいては、脂肪吸引手術があり、こちらなら努力なしに痩せられます。しかしメスで体を切り、吸引するための器具を体に入れる必要があります。それ以外の方法として脂肪溶解があります。脂肪を解かしてくれる薬を注射で注入するだけの治療です。注射なのでほとんど痕も残りませんし痛みなどもありません。すぐに溶けるわけではないですが、薬の効果が出始めると徐々に注射した部分の脂肪がなくなっていきます。体を傷つけない画期的な方法と言えるでしょう。

入院などは必要なくダウンタイムもない

美容クリニックは、病気を治療するための治療は少ないです。二重まぶたの形成や、鼻を高くするなどの治療が受けられます。手術によっては入院が必要になるときもありますが、よほど大掛かりなものでなければ必要ないでしょう。ダイエットのための美容手術として脂肪吸引がありますが、こちらは結構大変な手術になります。脂肪自体は吸引によってなくなりますが、患部はしばらく腫れるため入院が必要になります。脂肪溶解はそれほど体に負担がかかりません。注射をするときにチクッとした痛みがあるものの、それ以外特に何もありません。溶解するときに痛みが出る訳でもないので、入院をする必要はありません。自然に脂肪が溶けて自然に体外に排泄されます。

脂肪溶解注射は、薬剤を皮下に注入することで、セルライトや皮下脂肪などを溶かすことができ、部分痩せの方法としても知られています。