Loading

wait a moment

ここまで進化している!審美歯科でできること

審美歯科のホワイトニング治療

審美歯科では、歯を白くする目的で様々な治療が行われています。その中の一つにホワイトニング治療があります。これは、タバコやコーヒーなどで色素沈着を起こした歯を白くする時に用いられる方法です。ホワイトニング治療には、大きく分けて二つの方法があります。一つは、歯の表面を研磨することで表面の色素を取り除く方法です。もう一つは、特殊な薬剤を使用して歯を漂白する方法です。色素沈着が重度の場合には、薬剤を塗布した上でレーザー照射が加えられることもあります。審美歯科における治療の多くは保険が使えない自費治療ですが、ホワイトニング治療によっては保険が適用される場合があります。それぞれの病院によって具体的な料金設定が異なるため、利用の前に確認しておくようにしましょう。

審美歯科のセレック治療

ホワイトニング治療では追いつかないほど色素沈着がひどい場合には、セラミックで歯を再現して被せるセレック治療がおすすめです。これは、芯だけ残して削った歯にセラミックで作った新しい歯を被せるという治療法です。天然の歯と同じ硬度の高品質なセラミックが使用されているため、噛み心地などは一切変わりません。色味についても、元の歯の色を忠実に再現してもらうことができます。歯の設計は、全てコンピューター制御によって進められます。そのため、虫歯の詰め物を作る時のように歯型を取る必要がありません。3D光学カメラで撮影されたデータに基づき、専用のマシンが自動的にセラミックの歯を削り出します。そのため、完成まで時間がかからないというメリットがあります。

セレックは歯科で詰め物や被せものを作る機械のことです。コンピューターで歯の撮影を行い、詰め物や被せものを作製することができます。苦しい型どりもなく、その場ですぐ出来上がるというのが良いところです。