Loading

wait a moment

痛くない脱毛!選ぶポイントは施術マシンのチェックから

レーザーとフラッシュでは肌にかかる負担が違う

美容クリニックやエステサロンのような脱毛専門店でケアを受ければ、ムダ毛を毛根から取り除くことが期待できます。これにプラスしてムダ毛の再生率も落とすことができるので、すべすべな素肌を長期間キープできるのが大きな魅力です。けれど脱毛施術ができる施術マシンには数多くの種類があり、どれでケアをするかによって肌負担が変わってきます。脱毛にチャレンジしてみたいものの、痛みが不安で挑戦できないという人は、痛みが少ないマシンを選ぶようにしてみましょう。脱毛マシンを大きく二分するとレーザー方式とフラッシュ方式に分けることができます。レーザー方式は脱毛効果が高いというメリットがある反面、痛みが大きいというデメリットがあります。痛みを抑えたいという人は、フラッシュ方式のマシンを選ぶのがお勧めです。

フラッシュ方式の中でも特に注目のマシンが知りたい

一言でフラッシュ方式の脱毛マシンと言ってもIPL方式やSSC方式、SHR方式などのタイプがあります。このうち痛みを抑えて脱毛したい人は、SSC方式かSHR方式を選ぶようにしてみましょう。SSC方式はフラッシュを照射する前に肌にジェルを塗りますが、このジェルの中にムダ毛の成長を抑える成分が含まれているのが特徴です。ジェルの成分で脱毛を進めることに加え、ジェルで肌を保護しながらフラッシュ照射できるので、ほとんど痛みを感じずに脱毛することが可能です。SHR方式は毛穴の周りに熱エネルギーを加えて脱毛を進めていきます。そのため肌がじんわりと熱くなる程度の刺激でムダ毛を処理できるのが魅力です。

えりあしは首の後ろの部分ですので、髪をアップにした時に目立ってしまいます。えりあしの脱毛をすることでうなじをスッキリさせることができ、脱毛することでえりあしを気にせずヘアスタイルを楽しめます。